もとしげ すり鉢 S
5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d 5ed4aed0515762213320758d

もとしげ すり鉢 S

¥1,210 税込

送料についてはこちら

調理道具でありながら、そのまま食卓に出せるすり鉢は長きにわたって日本の食卓を支えてきました。そんなすり鉢を35年間作り続けている島根県にある元重製陶所。 食材が外に飛び出しにくく、真ん中に集まってきてくれる形状。シリコンゴムにより、手を添えなくてもグラグラしない安定感に加え、テーブルを傷つけない配慮。 くし目の先端を鋭く尖らせるため、手間はかかるりますが熟練の職人が強すぎず弱すぎず、絶妙な力加減で一つ一つ手作業でくし目をつけております。鋭く尖ったくし目は食材をしっかりとらえ、する力も時間も少なくできます。 このすり鉢を製造している島根県の石見焼の特長は、耐火度の高い良質な土にああります。その焼成温度は通常の陶器よりもはるかに高い1300℃以上。まるで磁器のように硬くて軽い丈夫な器になります。そのため、耐水性・耐酸性・耐アルカリ性に優れ、塩害や凍害にも強く、石見地方は古くは水がめ作りの一大産地でした。 この石見焼の特長は、鋭く欠けにくいすり鉢のくし目に活かされ、磁器とは異なり、陶器の表面には特有のザラザラ感があり、食材をしっかりとらえることを可能にしました。